business

【収益化できる】アフェリエイト稼ぎ方ミニサイトの作り方とは?

ミニサイトの作り方とは?

【収益化できる】ミニサイトの作り方とは?

ミニサイトってどれくらい稼げるのか?


金やプラチナの買取なら東京の【リファスタ】

「リファスタ

WEBエンジニアの方が今回、「ミニサイト」の作り方を提案してきました。

そこで皆さんにもシュアしようと言う企画になります。

昔は、

アフェリエイトと言ってもノウハウがあったわけではないので、サイト設計から案件選びのミスなど、問題があっても、それでもアップデートの影響も受けずに安定して稼いでくれていました。

ところが、

Googleの影響でサイトの作り方にも様々変化をしてきています。

サイトの作り方には、

  • ペラサイト
  • 特化型サイト
  • 大型サイト

 

があります。

そこで、お勧めするのが、

  • ミニサイト

 

です。

デメリットもありますが、

メリットは、

少ない記事数でできるためリスクが低く、収益化も早いので、「初心者は100記事書け」というよくあるアドバイスよりも全然おすすめということになります。

ミニサイトのメリット!

ミニサイトのメリット

  • 20〜30記事で良いので、100記事以上の大規模サイトと比べてモチベーションが続きやすい
  • 少ない記事数で良いので、仮に失敗しても痛手にならない。
  • 記事数が少ないので量産がしやすい
  • 1サイト100記事よりもリスク分散が容易。
  • 収益化に近いキーワードのみを狙うので、報酬発生までが早い

 

ミニサイトのデメリット!

ミニサイトのデメリット

  • 記事数が少ないのでアクセスが少ない
  • 大規模サイトと比べて大きく稼げない
  • 商標ベースの場合案件が終了したらサイトが終わる可能性がある

 

当然、記事数が少ないので大型サイトが軌道に乗った時のようなアクセス数や収益がでてきません。

GoogleAdSenseのような、クリック型広告を収益の柱にしようとしている方には難しいと思います。

また、商標ベースでミニサイトを作ると案件が終了したら貼る広告がなくなるという事態が発生します。

このようなデメリットがありますが、メリットの方が上回る訳ですね。

これは頷けます。

ミニサイトを作るときのポイント

では、次に恐らく一番気になるポイントであるミニサイトの作り方についてお話していきます。

  • 安い案件は選ばない
  • YMYLジャンルはやらない
  • 難しいキーワードは狙わない
  • 関連キーワードベースで記事を作る

安い案件は選ばない

ミニサイトはアクセス数が多くないという特徴があります。

そのため

  • GoogleAdSenseのようなPV依存型のクリック型広告
  • ASPアフィリエイトでも1件500円のような商品だと対したお金にはなりません。

 

2,000円以上の案件を狙うことをおすすめします!

ですから、

案件であれば洋服買取よりも



成約率97%の秘密♪
リファスタだから出来る高額買取!

 

金・プラチナ、試練分割加工サービスの方が良い!



高額な税金を無税に出来る【金地金分割加工サービスのリファスタ】

YMYLジャンルはやらない

 

YMYLとは、

Your Money or Your Lifeの頭文字を取った略語で、

直訳すると「あなたのお金、あなたの人生」という意味です。

これは

ニサイトだけでなく大規模サイトを展開する上でも共通です。

  • 金融情報
  • ショッピング
  • 健康安全
  • 不動産
  • 仕事探し
  • 「医療/健康」

 

など、お金や人の人生にウェイトが大きい案件は避けましょう。

その他、YMYLのジャンル

  • ショッピングまたは金融取引
  • 財務情報
  • 医療情報
  • 法的情報
  • 重要なニュース記事または公的/公的情報
  • 児童養子縁組
  • 自動車安全情報など(※YMYLと考えられるかもしれないトピック)

 

このような「生活やお金と関連が深い案件」

つまり

YMYL案件はとくに気を使って真実味の高い情報発信する必要があります。

難しいキーワードは狙わない

ミニサイトというと、

商標単一ワードや「商標+評判」のキーワードを狙うイメージがありますが、そういったワードは上位表示しづらくなってきています。

その辺のキーワードは公式サイトやレビューサイトを露骨に優遇しているため狙うだけ無駄です。

ただもしも上以上辞することができれば莫大な売り上げをもたらすので、一応作っておくというのも悪くはありません。

(ただし時間を掛けて作り込まない、絶対に上がって欲しいなど思い入れを持たないこと)

関連キーワードベースで記事を作る

以前、

私が作った商標ベースのミニサイトは、Goodkeywordと呼ばれる関連キーワードを調べるツールで出た結果を基に記事を作成しました。

例えば、

リファスタをgoodkeywordで調べると、

  • 「リファスタ ダイヤ」
  • 「リファスタ 評判」
  • 「リファスタ 金分割」

 

などが出てきます。

これらのキーワードを記事タイトルにして、その内容を満たす記事を作っていきます。

何でもかんでも記事にすれば良いというわけではない

関連キーワードを

ただ羅列すれば良いというわけではなく、必要なキーワードは取捨選択しないといけません。

例えば

リファスタであれば関連キーワードに

  • 「リファスタ 楽天」

 

などがありますが、これらは成約しないキーワードです。

「読者や広告主に喜んでもらうこと」を目的に作る必要がある

アフィリエイトサイトの場合、

「広告主のLP(ランディングページ)へ読者を流すのが目的」と考えるアフィリエイターは多いですが、そうではありません。

サイトの目的は、

「読者や広告主に喜んで貰えるコンテンツを提供すること」

であり、その喜ばせた結果が成果になります。

(と私も先輩のウェブコンサルタントに言われました)

つまりは、

広告主が提示できないけれど、その商品を使うにあたって

  • 読者が知っておきたいこと
  • 役立つ情報を丁寧に解説する必要があります。

 

先程の関連キーワードはあくまで機械的に記事タイトルキーワードを調べるツールですが、ユーザー目線に立てばキーワード取得ツールにない新しいニーズを探すことも出来ます。

「読者をLPへ誘導しよう」と軽い気持ちで作るのではなく、

  • その商品の専門家として専門サイトを作るという意識

 

があると、今後のサイト作成にも大いに役立つと思います。

逆に、

送客だけを目的にした無機質なサイトは、

今後のGoogleアップデートで落とされることでしょう。

現に昔ながらの典型的なアフィリエイトサイトは検索結果からどんどん消えています。

案件終了があっても収益化する方法

ミニサイトの場合、

効率良く収益化をするために、

  • ニッチなお悩みワード
  • 商標ワード

 

を狙わないといけません。

ですが

商標ベースでサイトを作ると、案件が終わったときに痛手になる可能性があります。

そういうときの

キャッシュポイントになるのが比較記事です。

 

例えば

リファスタで

サイトを作っているのであれば、

  • ライバル会社でかつアフィリエイト案件があるものの比較記事を書く

 

これで、

リファスタじゃない案件からの発生も狙えます。

【収益化できる】ミニサイトの作り方|まとめ

今回は、

収益化しやすい

  • ミニサイトの作り方
  • ミニサイトのメリット
  • ミニサイトのデメリット
  • ミニサイトのポイント

 

をお伝えしました。

  • ミニサイト1個だけでは爆発的に稼ぐことはできませんが、量産することでリスク分散した確実な資産に化けます。

ぜひ、

年末年始に取り組んでみては、どうでしょうか?

取り組まれる際は、

「リファスタ」

よろしくお願いします。

「リファスタ」さんのWEBエンジニア様、ありがとうございました。

「安い案件は選ばない」

ミニサイトはアクセス数が多くないという特徴があります。

そのため

  • GoogleAdSenseのようなPV依存型のクリック型広告
  • ASPアフィリエイトでも1件500円のような商品だと対したお金にはなりません。

2,000円以上の案件を狙うことをおすすめします!

ですから、

案件であれば洋服買取よりも



成約率97%の秘密♪
リファスタだから出来る高額買取!

 

金・プラチナ、試練分割加工サービスの方が良い!



高額な税金を無税に出来る【金地金分割加工サービスのリファスタ】

 

💛 最後までご覧いただき、ありがとうございました。💛