living

足のニオイケア|足の臭い消す簡単7つの方法とは?

足のニオイケア

 

ぜひ実践してほしい7つのポイント!

自分の足のニオイが気になって、で靴を脱ぐ場面で緊張してしまったり、飲食店がお座敷だと冷や汗をかいてしまう…。そんな心当たりはありませんか??

そうならないためにも、ぜひ実践してほしい足のニオイケアの7つの方法を紹介します

足のニオイケア|足の臭い消す簡単7つの方法!

1.制汗グッズを活用する

デオドラントクリームやスプレーなどの制汗剤を、
足の裏や指の間に塗りましょう!

特に汗に含まれるニオイ菌は指の間で蒸れて繁殖しやすいので、
足の裏だけでなくしっかりと指の間にも塗ることがポイントです!

そして、塗った後は靴を履くまでに乾かしておきましょう。

また、靴の内側に防水スプレーを吹きかけておくと、
足の汗が靴にしみ込みにくくなり、靴の湿気を防ぐことができます

 

2.蒸れを防止する

足のニオイの最大の原因は、足自体や靴の中が蒸れること!

自宅にいる時はなるべく素足で過ごすように心がけましょう。

また、外出する時は素足ではなく、
ストッキングや靴下をはいて靴を着用するようにしましょう。

1日に何度か靴を脱いで、蒸れを防ぐのもオススメです。

3.足の消臭をする

消臭剤はスプレータイプがほとんどですが、
ストッキングの上からでも汗を拭き取ることができるシートもあります。

靴を脱ぐ時やニオイが気になった時に、
消臭スプレーを噴きかけたり、消臭シートで汗を拭きとったりしましょう。

4.インナーソールで吸汗する

吸汗性のあるインナーソール(中敷き)を靴に入れると、足の蒸れを軽減できます。

インナーソールは1つではなくいくつか用意し、
使用後は取り出して乾燥させるとニオイにくくなります。

5.靴の消臭・防臭をする

脱いだ靴は、スプレータイプの抗菌剤や消臭剤などを噴射して乾燥させましょう。

1日中履いていた靴には乾燥剤を入れて陰干しし、
できれば2日間休ませるのがベスト。

また、銅の消臭効果を利用して10円玉をひとつずつ入れておくと
靴のニオイが除去できます。

また、使用済みの使い捨てカイロやお菓子の乾燥剤などにも除湿効果があるので、
靴に入れて再利用することができます。

6.靴箱で吸汗する

靴箱には新聞紙などを敷き、靴が吸った汗を吸収しやすくしましょう。

コーヒーを入れた後のカスは紙フィルターごと乾燥させ靴箱に入れておくと、
靴のニオイを消してくれます。

7.履き心地のいい靴を選ぶ

靴を選ぶ時はデザインだけでなく、通気性や柔軟性などのはき心地のよさも考慮しましょう。
サイズは、キツすぎても大きすぎても、足が緊張して汗をかきやすくなります。

特に、ヒールの高いものや厚底のものは歩きにくいため、汗をかきやすくなります。

また、かかとが高いと歩くのに力が入り、かかとの角質が硬くなってしまいます。
硬い角質が蒸れると、雑菌が繁殖しニオイの原因になってしまうので注意しましょう。

まとめ

【楽天第1位獲得!】&【有名雑誌に多数掲載】&【@コスメの口コミで高評価!】の
『Highness 薬用にごり石鹸』は、

▼▼▼

お客様の声をもとに、
ボディソープ『Highness にごりソープ』にリニューアルしました。

【にごりソープ】

【1】体臭研究専門の化粧品メーカーが作った、本格体臭ケアボディソープ!
【2】定期購入なら通常価格から最大26%OFF!回数縛りナシ!
【3】4回目以降もとってもお得な継続割をご用意!
【4】美容専門学校の学校長をつとめる佐竹先生も大絶賛!

「えっ!臭ってる?」と感じたら→→【にごりソープ】

☆他とは違う“本格派デオドラントソープ”と話題の理由は…☆

本来、汗は無臭。

ですが、肌にすみつく「ジフテロイド菌」が活発な状態だと ニオイ発生の原因に。そこでハイネスはこのジフテロイド菌に着目。

【ニオイ菌の殺菌⇒毛穴引き締め⇒うるつやチャージ】の3ステップで、

ニオイをケアしながら肌を整え、ニオイの発生しにくい肌へと導きます。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。