コロナウイルス対策サイト!

コロナウイルス対策サイト!

コロナウイルス対策サイト!

 

コロナウイルス対策サイト!【ご紹介】

大好きな中島孝志先生のブログを引用です。同感です!

以下引用↓

さて、エチオピア人が「パンデミック宣言」しましたので、ブログを差し替えました。
習近平の許可が出たんでしょうか。エチは4兆円くらい投資してもらってますから、そりゃ「忖度」しますわな(どうせこのお金もポッポに入れてるんでしようけど)。

ここに来てようやく「パンデミック宣言」? いままで頑として認めなかったのにね。緊急事態宣言はしてたけど、どうして?

実は、エボラ流行時を教訓に、日独がカネを出して「CATボンド(カタストロフ債)」(4億2500万ドル)を発行してるんです。知ってました? いわゆる「Pandemic Emergency Financing Facility (PEF)」ですね。

もちろん、世界中の投資家から資金調達しています。この満期が7月。この時まで「カタ」がなければ丸儲け(たしか金利3%)。けどなにかあったら? 大変なことになります。いよいよ債券マーケットまで崩壊します。

「世界恐慌」ですよ。金価格も暴落してもおかしくありません。現金だけが頼り。

だれが、いつ、何を根拠に? WHOが、いま、新型コロナウイルスを「Pandemic」と認めた瞬間、「デフォルト」。つまり、投資資金はパー。紙くずになります。
そういう約束なんだもん。「PEF」には契約書(正確には目論見書といいます)があります。「特定国で死者2500人以上」と定義してます。今回はドンピシャ。いくらなんでも7月までもたない。ごまかせない。このままいくと桁違いになりそうだ。ホントの数字は押さえているはずですよ、エチ人も。

「ぴよこちゃん倶楽部」のゲスト講師(2回)大井幸子さんは「満期まで認定しないのでは?」とお話されてますが、たぶん、○○の圧力で宣言せざるを得なくなったのではないでしょうか。
なんでも投資商品にする狡猾さ。嫌いじゃないけどね。けど、天罰かもしれませんな。

ダウ暴落どころの話ではありません。米国債デフォルト騒ぎの時と酷似してますな。

この話、やばいので、原原、ぴよこちゃん倶楽部、ほぼ毎月経済教室講演会で詳しくお話します。

さて、治療法がないのに検査をし過ぎて医療崩壊。韓国とイタリアになっちゃいけませんよ。

両国に共通するのは「中国の手下」ということ。イタリアなんて今ごろ「一帯一路」にのめり込んでるんてすからね。よっぽど経済が落ち込んでたんでしょうな。

韓国はご存じの通り。今も昔も中国はご主人様。

日本は習近平に振り回されました。
「♪来る来ない 来ない来る どっちなのー♪」
アグネス・チャンじゃあるましい。古いね、どうも。

商売熱心な財界と中国べったりの幹事長から懇願されて「国賓」なんてバカなことした報いでしょうな。国民は大迷惑ですよ。ODAで何兆円ももしりとって、いまなお尖閣と沖縄狙ってるヤツを「国賓」とはね。

天皇陛下が利用されるとこでした。

新型コロナウイルス唯一のメリット・・・習近平来日がドタキャンとなったことです。野党は安倍さんばかり攻撃してるけど、習近平とか中国にはなにも言わないのね。「おまえらのせいでこんなになった」と議会決議したらいいのに。遅ればせながらでも中韓、イタリアを拒否するのは正解です。

これから安倍さんは緊急事態宣言もできます。

メディアもそうですね。よっぽどいえない事情があるんでしょうな。あのエチオピア人と同じですな。

ようやくパンデミック宣言。こりゃ株も下がりますわな。さっさと発言してたら「とことん暴落」して回復も早かったと思うけどね。

MSQ直前というタイミング。市場を殺すつもりでしょうか。

さて、新型コロナウイルスですけど、治療法はありませんけど、「経済教室メルマガ」になにが有効と考えられるか、信頼すべき専門家の提案をスクリーニングしてまとめています。ご確認ください。

基本は免疫力ですよ。つまり、免疫力を上げるモノ、そして加齢でどうしても不足するモノ。それは補填しなくちゃ。

生活改善も必須でしょ。一言で言えば、無理をしないこと。睡眠と栄養そしてストレスのないスローライフ。そして疑わしきは自己隔離。

キモは・・・
1重篤者のみ検査そして入院
2専門医療機関の設置
3還暦未満とくに若年層は基本的に拒絶
3あくまでも既存患者を優先すること

日本の一大事にいちばん邪魔なのは「メディア=ワイドショー」でしょうね。メリットとデメリットを天秤にかけたらデメリットのほうがはるかに大きいでしょうね。

司会者とコメンテーターたちは現場を知らず、「全検査だ!」と大合唱してます。韓国とイタリアの現実をご覧になれば一目瞭然。取り返しのつかないことをしました。

韓国てのはついてない国ですな。2011年、わが国も最悪の政治家が首相でした。韓国はこれからもっと悪化しますよ。

自分たちで「偽感染者」を増やしておいて振り回されている。結果、60歳超には人工呼吸器は諦めてください、とはね。

医療システムが崩壊しています。

考えてみれば当たり前。「検査しろ!全検査するって約束だろ!」が医療機関と保健所に殺到したら? 「偽者」が「本物」と出合ってホントに感染してしまいます。だって、いま地球上でいちばんハイリスクなのは医療機関と保健所ですもの。

日本政府が要請してたのは「君子危うきに近寄らず」です。

100人中1割感染の母集団では、陽性7人。偽陽性が9人。ホントに治療すべきは1人せいぜい2人。非感染16人を入院させたら癌や心臓病、事故の救急患者は入院できなくなります。

韓国とイタリアはこれで崩壊しました。既存患者の死亡者も激増するはず。

60歳未満の致死率は0.38%なんすから、この層は「咳が出る」「熱がある」くらいで駆け込むな。4日間は様子を見てくれ。日本施フの行動指針が正解。

韓国とイタリアは軽症の若者を優先。老人切り捨て。結果、死亡者激増。

「パンデミック」とはそういうことです。

まいったなー、今夜の「経済教室メルマガ」に書けばよかった。いま気づいても遅いってーの。3回もアップデートしたら増えちゃったのね。差し替えもしたし・・・。ホント、参った。けど、深夜の配信もちゃんとしますよ。言いたりないことたくさんありますから。

出典:中島孝志先生https://www.keymannet.co.jp/